私たちの生活を明るく照らす照明|人気の大光電機を利用しよう

メンテナンスが必要

和室

畳は日本人にとって伝統的なものであり、現在も多くの住宅の和室で床材として使用されていますが、使用する年数が長ければ長いほどよい味が出てくるとされています。そのため、多くの住宅では長く利用されているのです。しかし、畳を長く使用するためには、きちんとメンテナンスなどを行う必要があります。

畳を手入れするには、個人で行う方法と業者に依頼する方法の2つに分かれます。個人で手入れを行う場合は、まず、掃除機で畳の表面に付着したほこりやゴミを吸い取り、乾いた雑巾で畳の目に沿って畳を拭いていきます。この時、濡れた雑巾の方がよいのではないかと思う人も多いですが、濡れているタオルで拭いてしまうことにより、表面の光沢が無くなってしまい、湿気によって黒ずんでしまう恐れがあるため、きちんと乾いたタオルで服用にしましょう。そして、表面を拭いた後は、ベランダや庭などに出して畳干しを行うとよいです。そうすることで、カビ予防をすることができます。一方、畳によっては長年使用していることで、畳の色が変わったり、家具の跡がついたりしてしまい個人で修復するには難しいこともあります。そのような場合には業者に依頼するとよいでしょう。業者では畳がどのような状態であってもきちんと対応してくれます。畳の買い替えやメンテナンスなどについて考えているのであれば、一度業者のスタッフに相談してみるとよいでしょう。業者へ相談する際には、信頼できる業者を探すことが大切です。